映画評論blog

映画評論blog(ブログ)では、その映画があなたにどんな力を与えてくれるのかを、
効能付きで評論・ご案内しています。
タイトル別に映画/DVD・サントラ(サウンドトラック/音楽CD)・本・関連グッズを
掲載していますので、どうぞご覧ください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち:サントラ(サウンドトラック/音楽)の効能
パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち:サントラ(サウンドトラック/音楽)の価格
パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち:サントラ(サウンドトラック/音楽)の価格

【効能】
●映画/DVD「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」の世界に心酔したい方へ

【解説】
映画/DVD「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」のサントラ(サウンドトラック/音楽)です。

【曲目】
1.Fog Bound
2.The Medallion Calls
3.The Black Pearl
4.Will and Elizabeth
5.Swords Crossed
6.Walk The Plank
7.Barbossa Is Hungry
8.Blood Ritual
9.Moonlight Serenade
10.To The Pirates' Cave!
11.Skull and Crossbones
12.Bootstrap's Bootstraps
13.Underwater March
14.One Last Shot
15.He's A Pirate

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち:サントラ(サウンドトラック/音楽)の価格
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関連ページはこちら
●【パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち:サントラ(サウンドトラック/音楽)の効能】のページへ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
その他の作品はこちらからどうぞ
●【恋愛映画一覧】のページへ
●【青春映画一覧】のページへ
●【ドラマ映画一覧】のページへ
●【コメディ映画一覧】のページへ
●【ドキュメンタリー映画一覧】のページへ
●【ファミリー映画一覧】のページへ
●【アクション映画一覧】のページへ
●【SF映画一覧】のページへ
●【ファンタジー映画一覧】のページへ
●【アドベンチャー映画一覧】のページへ
●【ホラー映画一覧】のページへ
●【ミステリー映画一覧】のページへ
●【サスペンス映画一覧】のページへ
●【映画ジャンル一覧】のページへ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Amazon.co.jp
ディズニーランドのあの機械仕掛けの人形による人気アトラクションを思い浮かべて、このサントラ盤に、「ヨーホー」の歌のような気さくささ、あるいはエロール・フリン主演『海賊ブラッド』でのコーンゴールド作曲によるオーケストラの血湧き肉踊るロマンチシズムを、ささやかながら期待される向きもあるかもしれない。けれども、作曲家クラウス・バデルトは、まず素朴で愛すべきケルト風フォークでリスナーを魅了し、ついで彼が作曲した『K-19』の不穏な音楽に勝るとも劣らないシンフォニーと合唱による轟音を浴びせかける。同じドイツ出身の作曲家の先輩からの影響(本作は、ハンス・「ロング・ジョン」・ジマーの監修による映画音楽としてお墨付きを得ている)は全編を通じて明らかだが、バデルトは彼ならではの力強い才能も持ちこんでいる。
おそらくこのありきたりのジャンルは徹底的に作り直す必要があると感じたバデルトは、うなりを上げる砲弾を思わせる音をかすかにまじえながら、カリブ海でホルストとショスタコーヴィチが一騎打ちするかのようなリズミカルで緊迫感に満ちたヨーロッパ的なセンスを聴かせてくれる。またエンディングでは、ややロマンチックな味付けをしているが、これは極めて用心深くながら、コーンゴールドの生き生きとしたメロディーの恩恵を受けているのはまちがいないはずだ。
けれども、あくまで本作の中心となるのは夏の大作映画にふさわしい堂々たる大音量の音楽であり、それは隣の住人の目を覚まさせるほどだ。(Jerry McCulley, From Amazon.com) --このテキストは、CD版に関連付けられています。

内容(「CDジャーナル」データベースより)
クラウス・バデルト(過去に『タイムマシン』ほかを手がける)が音楽を担当したオリジナル・サウンドトラック。渦巻くようなオーケストラの響きが緊迫感を醸す(1)、勇壮でシンフォニックな(4)、甘美な前半から一転、アグレッシヴになる(9)など、いずれも重厚な仕上がり。
| パイレーツ・オブ・カリビアン | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | - | - |









http://cinema-eiga.jugem.jp/trackback/65
K-19
K-19K-19(かー19)は、ソビエト連邦|ソ連の658型潜水艦であり、ソ連海軍最初の潜水艦発射弾道ミサイルを装備した原子力潜水艦である。NATOコードネームはホテルI級。同艦は様々な深刻な事故を経験したことで知られる。これらの事情から「未亡人(ま
| 彩のブログ | 2007/03/24 12:14 PM |
パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち
海賊たちが大海を荒しまわった遥かなる時代…ひと組の若き恋人たちと孤独を愛する謎の男。そして、呪われし海賊たちを巡る冒険のドラマ!
| パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち | 2006/05/19 9:20 PM |
+ このページの関連キーワード
+ このページに表示されている記事
+ このページの関連サイト
+ 映画タイトル別の記事
+ 過去の記事(月別)
+ リンク集
+ 最近いただいたコメント
+ 最近いただいたトラックバック
+ カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ 管理人